山内惠子のヘルシープレート研究!こんなことを明らかにしてきました

 

ヘルシープレート誕生までの4年間の研究軌跡

肥満者へのパイロット研究

簡単カーボ食の効果と安全性 n=10 2010 介入研究

原著

へルシープレート®を用いた減量プログラムの効果と安全性:予備調 日本糖尿病情報学会 2-JJADI Vool.11

2010介入2011発表

日本糖尿病情報学会

ヘルシープレートの検証

栄養士:学生:糖尿病患者

ヘルシープレートの妥当性、再現性、使い勝手の具合を検証した n=30(栄養士10名、学生10名、糖尿病患者10名)

「ヘルシープレート®」を活用した簡単カーボコントロール法-ヘルシープレート®の検証 医歯薬出版

栄養改善学会2012

日本糖尿病学会2103

2型糖尿病におけるカーボコントロール法を用いた介入研究による効果

2型糖尿病におけるカーボコントロール法を用いた介入研究による効果(教室における各種データの追跡および検討・教育媒体の作成及び効果の検討)

ポーションコントロール法が2型糖尿病改善に影響をおよぼす要因検討

簡単カーボ食の効果と安全性 n=30

大学内研究発表

20112013

病院・地域医療機関で同じ方法で検証

肥満を2型糖尿病患者のランダム化比較試験

簡単カーボ食の効果と安全性(2012年度6月から20134月までの期間、2型糖尿病患者を2群に分けて比較検討)

Efficacy and safety of a lifestyle intervention program using healthy plate for treating diabetic subjects with overweight and obesity: a randomized controlled trial

20回国際栄養学会INUS(スペイン・グラナダ)2013

メタボリックシンドローム該当者の分析

ヘルシープレートを用いた食行動変化がメタボ構成因子に及ぼす影響

 

ヘルシープレートを用いた減量プログラムの有効性と安全性:メタボ関連指標に及ぼす影響

日本肥満学会2013

論文

Efficacy of a 3-month lifestyle intervention program using a Japanese-style healthy plate on body weight in overweight and obese diabetic Japanese subjects: a randomized controlled trial Keiko Yamauchi, Tomomi Katayama, Takahiro Yamauchi, Kazuhiko Kotani, Kokoro Tsuzaki, Kaoru Takahashi and Naoki Sakane

 
ヘルシープレート®の検証:管理栄養士と未学習学生、糖尿病患者さんにそれぞれヘルシープレートに料理を盛り付けていただき、計量せずともほぼ指示通りの栄養範囲に盛り付けられることを明らかにしました。
 
②肥満症へのパイロット研究:BMI25%以上の肥満の方を対象に「お腹も心も大満足!シェイプアップ教室」を開催し、炭水化物量を調整するポーションサイズコントロールを用いた3ヶ月間の介入研究の有効性と安全性を確認しました。
継続率は100%で、体重は3か月で-8.9kg(中央値)減量。
他にも拡張期血圧、LDL-コレステロール値など他のデーターもたくさん改善しまた。
炭水化物摂取量は50%熱量比程度に有意に減少しましたが、たんぱく質と脂質の摂取量に有意な変化はなかった事から、安全性が確認されました。
 
肥満を伴う2型糖尿病患者へのパイロット研究:BMI25%以上で2型の糖尿病患者さんを対象に「お腹も心も大満足!最新糖尿病」を開催しました。

BMI25%以上で2型の糖尿病患者さんを対象に「お腹も心も大満足!最新糖尿病」を開催する介入研究を2年間行いました。2011年度は、体重-3.9kgBMI1.7、体脂肪率-2.3%、腹囲-1.5cm、腕皮下脂肪厚-5.6cm、肩甲骨下皮下脂肪厚-11.6cm、収縮期血圧-12.6、拡張期血圧-9.9へと有意な改善が認められました。HbA1c1.0%、グルコアルブミン-1.7%と有意な改善が認められました。

2012年度も同様に、体重-2.0BMI1.6、体脂肪-2.1、腹囲-4.1、収縮期血圧-18.0、拡張期血圧-7.5 と身体計測値も全て有意に減少し、改善が認められました。総コレステロール-17.2、中性脂肪-23.0空腹時血糖-21.0HbA1cは★-0.6に改善しました。

体重が2倍、腹囲が3倍改善していた体重減少の多かった群(全体の2/3)はLDL-c-16.7mg/dlも改善していました。

 

④減量や血糖コントロールを目指したポーションコントロールプレート「ヘルシープレート®の開発」:糖尿病の食品交換表をベースにエネルギーと糖質を適度に制限し、「ヘルシープレート®」に主食、主菜、副菜を一定比率で盛り結果の検証を深めました。

総摂取エネルギー、炭水化物、たんぱく質、脂質摂取量他、各種栄養素について秤量法との比較を行った結果、管理栄養士群、学生群、2型糖尿病患者のいずれにおいても、指示された1日のエネルギーの±10%以内に全員がおさまっていました。また、糖質エネルギー比50%前後に、飽和脂肪酸もほぼ全員が7%未満におさまった。また、学生群、患者はたんぱく質も標準体重1kg当たり1.2g/kgを超えていませんでした。食物繊維摂取量は1日目標値の15gを遥かに超えており、野菜の摂取量も460~600gとしっかり盛り付けられ、満腹感、満足度やお勧め度は3群とも高かったです。

 
⑥肥満を伴う2型糖尿病患者へのランダム化比較試験:

Takahiro YamauchiKeiko Yamauchi Naoki SakaneTomomi Katayama: "Efficacy and safety of a lifestyle intervention program using healthy plate for treating diabetic subjects with overweight and obesity: a randomized controlled trial" IUNS 2013 (20回国際栄養学会). 20130915-20130920

本研究は、2012年度6月から20134月までの期間、2型糖尿病患者を2群に分けた比較対象試験を実施し、その有効性も確認できたことから、25年度9月にはスペインのグラナダで開催された国際栄養学会にて発表、その後栄養ジャーナルの論文となった。内容詳細は論文参照9)

介入群の被験者は、3か月でのベースラインからの体重に大きな変化が認められた「(‐3.6±2.6kg:‐0.3±1.6kg、P=0.04)。HbA1cレベルにおいて、両軍艦に有意差は認められなかったが、介入群における抗糖尿病薬の数が減少した。また、有害作用は報告されなかった。介入群の日患者の大多数が、プログラムは利便性の高いもので、周りにもすすめたいと述べた。ヘルシープレートの使用が安全で、なおかつ糖尿病患者の体重減少に有効であることを示唆している。


⑦ポーションコントロールがメタボ構成因子に及ぼす影響:

欧米では、肥満や2型糖尿病の食事療法のひとつとして、ポーションコントロールがあり、その有用性が報告されている。一方、日本人は欧米人とは食事内容が異なる。そこで、日本人向けのポーションコントロールプレートの開発が必要であると考えた。

ポーションサイズはエネルギー摂取量を決定する重要な因子である。

我々は、肥満者においてポーションコントロールプレート(ヘルシープレート®)を用いた減量プログラムがメタボリックシンドローム関連指標に及ぼす影響について検討した。

ヘルシープレートを活用した、ポーションコントロール法が、メタボリックシンドローム構成要因に及ぼす影響を検討した結果、エヌセップの5項目である肥満・血圧異常・血糖異常・脂質衣装のTGHDL-cの割合が、それぞれBMI25%の肥満者は76.5%から5.3%、血圧は67.4%から23.5%、血糖値異常は42.4%から24.2%へと、高中性脂肪は23.5%から0に、HDL-c20.6%から14.7%へと、全項目で改善していましたが、特に減量によって血圧と脂質は大きく改善していた。したがって、メタボ点数は2.3±1.1より1.1±0.9へと有意に改善し、メタボ該当者も44.1%から5.9%へと有意に減少した。


 
 
 
 

 

 
 
 

これはメタボの改善教室に参加された方の追跡調査結果です。

 

体重が少し増えてしまった方もいるけれど、さらに減量している方もいたことから、体重減少していてもばらつきがあることで有意差(統計的に痩せたとは言えない)が認められませんっでした。

これは、BMIでほんの少し増えて有意差が出ていることから見ると、リバウンドした人もいるよという結果を表しています。

それでも重要なことは、体脂肪も、腹囲も有意に改善しているということです。

 

 

この時の研究に参加してくださった皆さんは、スポーツクラブの会員さんたちで、食事ダイエットは苦手だから、痩せるために運動で頑張っている方たちだったのです。

 

もちろん研究中は、ヘルシープレートの効果を見るために、身体活動計測計を付けて、運動を3カ月間増やさないようにお願いしていたので、運動量はむしろ抑えられ気味でした。

 

3か月の教室開催後、1年間は食事は少しゆるくなっても、運動には気を付けてくださっていたようです。

結果、体重やBMIの増加にもかかわらず、体脂肪、腹囲が有意に減少している背後には、運動による筋肉量の増加が隠れているかもしれませんね。

 

正確に筋肉量を計測したり、血液検査をしたわけではありませんので、この調査結果が、どこまで正確なことを教えてくれているかはわかりません。

 

私自身のことでいうと、研究前にお試しでチャレンジした結果、3か月で8kgの減量に成功しています。

その後、4年間で+2kgの体重増加はありますが、少し増えると再度プレート食を1週間くらいイメージして実行し、戻ってはまた繰り返しをしながら、現状維持ができています。

以前は、太った体系で「特定保健指導者セミナーの講師」というお役目を頂き、日本中で講演活動をしていましたので、当時の私をご存知の方にお会いしたら、きっとビックリされることでしょうね。